魔物の系統


魔物の系統

登場するモンスターには“系統”という分類が存在する。
特定の系統に属するモンスターには“対敵特攻”という効果を持った武器やクレスト、アビリティによってダメージを高めたり、逆に竜護などのアビリティで自身の防御力を高めたりできる。
どのモンスターがどの系統かを覚えておくと、強敵の打倒やコンテンツの攻略に大いに役立つ。

亜人

特徴 主な小型モンスター
人と異なる特徴を持ち、高めの知能を持つ二足タイプの魔物系統
ゴブリン系、リザードマン系、ピクシー系の小型モンスターが中心。
ゴブリン、ピクシーは覚者のようにジョブによる細かな亜種が見られる。
ゴブリン
フォレストゴブリン
ホブゴブリン
リザードマン
ラージリザード
ブルーニュート
ロックリザード
リザードマンセージ
ピクシー
主な大型モンスター
ピクシーキング

特徴 主な小型モンスター
獣の特徴を強く持つ四足タイプの魔物系統
小型モンスターはオオカミ系やフットバイターなどが属する
大型モンスターはキメラ系で占められている
オオカミ
ダイアウルフ
グリムワーグ
ワーグ
フットバイター
主な大型モンスター
キメラ
ホワイトキメラ
ゴアキメラ

鬼人

特徴 主な小型モンスター
人型ながら大柄な体躯や凶暴さを持つ魔物系統
オーガ系とオーク系からなり、小型モンスターは大型のミニサイズ版に近い
ブルトエイプ
リトルスパイン
オークソルジャー
キャプテンオーク
ジェネラルオーク
主な大型モンスター
ドレッドエイプ
オーガ
グール
シルバーロア
スパインバック
モゴック

腐死

特徴 主な小型モンスター
何らかの力で死してさまよう、肉をまとう魔物系統
2.2現在、大型モンスターは存在しない
アンデッド
ソードアンデッド
ファットアンデッド
エリミネーター
主な大型モンスター
なし

骸骨

特徴 主な小型モンスター
何らかの力で再び動きだした骸骨状の魔物系統
人間に近い動きをするが総じて怯み耐性が低い傾向がある
スケルトン
スケルトンソーサラー
スケルトンメイジ
スカルロード
主な大型モンスター
ワイト

有翼

特徴 主な小型モンスター
鳥の特徴が強い翼を持つ飛行タイプの魔物系統
小型モンスターはハーピー系からなり、戦闘中も高空に留まる
大型モンスターはグリフィン系からなり、怒り状態で飛行する

多くは延焼状態にすると飛行できなくなる
ハーピー
スノーハーピー
ストリクス
スチュパリデス
主な大型モンスター
グリフィン
スフィンクス
ナイトメア
ブラックグリフィン
コカトリス
ビフレスト
ホワイトグリフィン

巨人

特徴 主な小型モンスター
巨大な体をもつ二足歩行タイプの魔物系統
大型モンスターしか存在しない系統で、ボスとしての戦闘機会も多い
いずれも基本的な動作、いわゆる「骨格」はサイクロプスに準じている
なし
主な大型モンスター
サイクロプス
アーマーサイクロプス
トロール
モルトロール
エント
グランエント
ゴアサイクロプス
フィンダーエント

軟体

特徴 主な小型モンスター
軟体の身体を持つ不定形の魔物系統
スライム系とマッドマン系からなり、大型モンスターは存在しない
スライム
ブロブ
マッドマン
スラッジマン
主な大型モンスター
なし

霊体

特徴 主な小型モンスター
白い霧状の身体や霊体からなる魔物系統
ミスト系の小型モンスターを初めとして様々な特徴を持つモンスターが集う
一部の大型モンスターは状態異常に対して完全な耐性を持つ
ミストファイター
ミストハンター
ゴーストメイル
リビングアーマー
ゴースト
主な大型モンスター
ウィッチ
エンプレスゴースト
デスナイト
ミストドレイク
ミストウィルム
黒騎士

呪詛

特徴 主な小型モンスター
黒い霧状の呪いに冒された魔物系統
状態異常が完全に無効、聖属性以外の属性にも耐性を持つ
全ての攻撃に呪いの蓄積値があり、高難易度コンテンツでは要注意
シャドーゴブリン
シャドーウルフ
シャドーハーピー
主な大型モンスター
シャドーキメラ

造魔

特徴 主な小型モンスター
人為的に造られた主に無機物からなる魔物系統
小型モンスターはガーゴイルだけで大型モンスターが大半
ゴーレム系とギガン・マキナ系からなる大型は弱点以外はダメージが通らない
ガーゴイル
主な大型モンスター
ゴーレム
ジオゴーレム
ギガン・マキナ
フロスト・マキナ

人間

特徴 主な小型モンスター
人間タイプの敵系統
同じ種族というだけあり、覚者と同じように様々なジョブに属する
使ってくる技も各ジョブのカスタムスキルであることが多い
ストーリー上の重要キャラクターがボスとして登場することがある
多くは闇属性が弱点だが、侵食されたフィンド系は聖属性が弱点
ローグファイター
ローグウォリアー
ローグヒーラー
バンデッドファイター
メルガンファイター
フィンドファイター
レオ
主な大型モンスター
ディアマンテス

錬金

特徴 主な小型モンスター
錬金の秘術で強化された魔物系統
メインストーリーで『錬魔』と呼ばれた敵が属し、共通して聖属性が弱点
大型モンスターは特定部位以外はほとんどダメージが通らない
名称に『アルケミー』もしくは『ダムド』が入る場合が多い
スケルトンアルケミー
ゴブリンアルケミー
ハーピーアルケミー
ダムドゴブリン
ダムドウルフ
主な大型モンスター
グリフィンアルケミー
ダムドゴーレム
ゴリアテ

魔族

特徴 主な小型モンスター
悪魔のような特徴をもつ強大な魔物系統
宝石名を冠した目玉型モンスターやグリゴリ系、マンイーターが小型に属する
大型モンスターはストーリーの重要キャラクターでもあるズールが含まれる
総じて強力な魔法攻撃を使う傾向が強い
ルビーアイ
エメラルドアイ
ラピスアイ
クリスタルアイ
グリゴリ
グリゴリベアード
マンイーター
主な大型モンスター
ズール
メドゥーサ
マンティコア
アルタード・ズール

竜族

特徴 主な小型モンスター
竜の特徴を持つ強大な魔物系統
ゲームタイトルにも冠される花形種族であり、すべて大型モンスター
エリア試練やグランドミッションのボスとして良く登場する
一般的に見られるのはリンドブルムのようなトカゲ型骨格
エルダードラゴンなどの大型骨格は特定コンテンツでしか出現しない

トカゲ型竜族は共通して体のどこかに部位破壊可能な弱点を持つ
部位破壊すると全てのダメージが大幅に高まる赤い傷が露出する
なし
主な大型モンスター
リンドブルム
ベヘモット
アングルス
ドレイク
ウィルム
タラスク
エルダードラゴン
ゴルゴラン
カースドラゴン
淀みし大竜力
アドタラスク
精霊竜ウィルミア

侵食

特徴 主な小型モンスター
侵食の毒により異形と化した魔物系統
シーズン2から登場した新種族で『侵食魔』とも呼ばれる
2.2から登場した上位種の『狂侵魔』もここに該当する
元となった魔物は様々だが、元の種族に対する特攻は効果がない
大型モンスターは全て怒りが無く、侵食核の部位破壊でダウンを取る

侵食核の出現数に応じて次のようなカテゴリーが名前に付く
 軽度:侵食核1つ
 重度:侵食核2つ
 危険:侵食核3つ(大型のみ)
 崩化:侵食核4つ(大型の狂侵魔のみ)
侵食ホブゴブリン
侵食ハーピー
侵食ウルフ
狂侵ピクシー
狂侵スチュパリデス
狂侵ワーグ
狂侵デーモン
主な大型モンスター
侵食ゴアサイクロプス
侵食グリフィン
侵食ベヘモット
スカージ
狂侵ゴアサイクロプス
狂侵ベヘモット
狂侵グリフィン

不死

通常の系統より広義の分類で、『腐死』『骸骨』『霊体』が纏めてここに属している。
この系統に属するモンスターはヒーラーの回復系カスタムスキルでダメージを受ける。

備考

コメント

  • 有翼系にビフレストがないです --- (2017/02/12 18:05:54)
  • いつの間にこんなページが。ありがとうーガゴやアイ系知らなかった! 細かいけどメデゥーサでなくメドゥーサで。 --- (2017/02/14 02:20:38)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-03-26 19:54:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード